Top > doo-bop : Tesima

本日より個人ブログスタートです!!!

こんばんは。手島です。

本日より個人ブログを開設させていただきましたので、よろしくお願いいたします。

 

image1

 

改めまして自己紹介をします。

2014年1月入社、佐賀県出身の28歳です。

元々は前職の関係で滋賀県にやってきまして、以前はお客さんとして店に通っておりましたが、気づけば入社2年と半年。

長らくショップブログを担当させていただきましたが、本日より個人ブログでも商品の紹介や趣味等を綴らせていただきます。

 

好きなカテゴリーは、帽子・カバン・リメイクアイテム・インディアンジュエリー・vintage&usedアイテム。

好きなアイテムはデニム、エディ・スコット・コウタロウヴァのジュエリー、シャンブレーシャツ。

好きな素材は、天然繊維。

好きなことは、メジャーリーグ・カメラ・旅。

身長は180cm65kgの細身体型です。

店頭のお客様とは以前よりお会いさせていただいておりましたが、いつも当店ホームページをご覧の皆様、今後ともよろしくお願いします!!!

 

さて、一発目のブログは何を書こうかと悩みましたが、これに決めました。

 

image6

 

昨日までのIndian Jewelry Fair 2016でもご紹介させていただいていた、Eddie Scott Kohtalawva(エディー スコット コウタロウヴァ)のチャネルインレイブレスレットです。

こちらは一昨年のジュエリーフェアで購入させていただいた私物になるのですが、毎日必ず身に付ける物の中でもとりわけ思い入れが強いので、改めてご紹介します。

 

image3

image2

 

エディの作るチャネルインレブレスレットはまず、設計から作業を始めます。

その後、設計図に当てはまるターコイズや鉱石を削り始めるのですが、その削った物が大きすぎたり、小さすぎるとやり直しになるので、途方も無い労力と技術を要します。

特に石の配置に関しては、現存するアーティストの中でも群を抜く完成度と独創性が備わります。

 

 image5

 

毎日付けているのでいい感じにエイジングが進み、今ではお守りのような感覚で身に付けています。

 

image4

Eddie Scott Kohtalawva : Multistone Inlay Bracelet / 354,240 YEN

 

現在店頭でも1本エディの作品ご覧いただけます。

ターコイズとラピスを中心とした作品は、アーティストの人間性が滲み出る美しさと温もりを感じていただけます。

70歳にしても尚、自信の体調が良ければジュエリー制作活動に励む、心優しきホピ属のレジェンド、Eddie Scott Kohtalawva(エディー スコット コウタロウヴァ)。

 

是非、1度ご覧になってください。

 

エディラバーの手島がお送りしました。

それでは、明日以降もどんどん更新致しますので、宜しくお願いします!!!


70歳を迎えたアーティスト、Eddie Scott Kohtalawva。

こんばんは。

残すところあと2日となったIndian Jewelry Fair 2016

今回のフェアーがきっかけで、当店を知っていただきお会いできた方々に

なにか不思議な縁を一方的に感じます。

たまたまかもしれませんが同い年だったり、以前住んでいた土地(町単位)から

ご来店いただいたりと共通点があまりに多いからです。

ひょっとしたら、そういう事なんですかね。

 

さて、フェアー終盤にご紹介するのはこちら作品です。

 

 

 

IMG_4556

 

 

作者は、Eddie Scott Kohtalawva(エディー スコット コウタロウヴァ)。

一度だけお会いしたのですが、旧友に会ったような感覚になるオープンハートの持ち主です。

教師を兼任でなされているのですが、彼に教わる生徒はさぞ心豊かでやさしい人になるだろうと思います。

 

 

IMG_4557

 

 

さて、肝心のジュエリーはご覧の通りの出来栄えです。

1点を根気よく、丁寧に出来上がりをイメージし続けながら制作なされています。

ターコイズやターコイズ以外の素材を使用することで完成する世界観、素晴らし過ぎます。

現在、彼の作品は所有しておりませんが僕の腕を守ってくれる日は必ずきます。

 

 

IMG_4559

 

 

 

本日のチラ見せ‼

 

 

IMG_0026

 

lunch ご馳走様 Eddie。

 

doo-bop Shop Blog

毎日更新中です。是非ご覧ください。

 


スタッフの欲しいジュエリー。

こんばんは。

 

本日はインディアンジュエリーフェア開催中スタッフが狙っている作品を。

 

 

image3

 

僕はペリーショーティーのチゼルワークブレスレット。

コインシルバーの柔らかい質感にナバホのトラディショナルデザインのチゼル。

シンプルに伝わるインディアンジュエリーの魅力。

金額はするのですが納得出来る素晴らしさ。

 

image4

 

続きまして南出。

ラグーナ族、パットプルイットのブレスレット。

実は去年から虎視眈々と狙っていたようです。

工業用ダイアモンドを使用したこちらの作品はインディアンジュエリーの新たな可能性を感じます。

 

image2

 

手島はエディー スコット コウタロウヴァのブレスレット。

実は彼、すでにエディの作品を所有しているのですが両腕にはめたいとのことです。

作品もですがエディという人物が好き。

このアーティストの創った作品でないと。

大事なことだと思います。

 

image2

 

最後に中島、マルコビゲイのランダーブルーを使用したリング

 

image1

 

それにエディー スコット コウタロウヴァのブレスレット

数多くの作品に触れ、着用してきた中島。

らしいと取るか意外と取るか是非店頭にお越しの際は理由を聞いてみてください。

 

いかでしたでしょうか。

お客様対応しながら一番刺激されているのはdoo-bopスタッフかもしれませんね。

インディアンジュエリーフェアは7月3日(日)まで開催しております。

ご自身にフィットするジュエリー見つけてください。

 

image1

 

 

ブログを書いている途中、中島がまずは購入。

 

 

PROTOTYPE McLaughlin

0

【EVENT】

Indian Jewelry Fair

0

 

 


Indian Jewelry Fair 2016 Vol.4 ~Eddie Scott Kohtalawva~

 

 

DSC_3288

 

 

 Indian Jewelry Fair 2016 Vol.4

 

 

【Eddie Scott Kohtalawva(エディー スコット コウタロウヴァ)】

 

1976年より本格的にジュエリー制作活動をスタートさせた、

ホピ族を代表するベテラントップアーティスト、Eddie Scott Kohtalawva(エディー スコット コウタロウヴァ)。

氏の使用する工具は父から譲り受けたもので、

父から受け継いだ伝統的な技術と多彩な素材を用いて作品を作り上げます。

氏を代表するデザインであるチャネルインレイと呼ばれる技法は、

伝説のアーティストであるCharles Loloma(チャールズ・ロロマ)に影響を受けており、

他のホピジュエラーとは一線を画す限られたアーティストによる技術が凝縮されております。

現在はナバホ族の妻と結婚し、小学校の先生として勤務する傍らジュエリー制作を行っております。

 

Charles Loloma(チャールズ・ロロマ)

先住民の装飾品として、儀式やお守りに使用されていたジュエリーを、現代ジュエリーとして価値を高め、

世界に広げた、インディアンジュエリー史に名を残す伝説のアーティスト。

 

 

 

DSC_3302

 

 

 

DSC_3176

 

 

 

DSC_3195

 

 【Channel Inlay Bracelet】

 

ロロマスタイルを継承した、氏を代表するチャネルインレイブレスレット。

近年は生産数自体も少ない中、今フェアーでは新作を含めご用意させていただきます。

ターコイズ・ウッド・コーラル・ラピラズリ・スギライト等、

材質やサイズの異なる鉱石をふんだんに使用しながらも、

1つの作品として成り立つ、ため息が出るほど美しく配置されたインレイワークをご堪能ください。

 

 

 

 


vol.3022 【マイコレクションジュエリー。】

こんばんは。南出です。

いつも当店SHOP BLOGをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

 

昨日の天気とは打って変わり、終日雨の南草津。

 

 

なかなか鬱陶しい天気の一日でしたが、

告知しておりますインディアンジュエリーフェアは早くもご好評をいただいております。
僕も撮影用で先着しているジュエリーを少し見たのですが、圧巻です。

 

今までで一番の内容だと思いますので、全国の皆さま、是非この機会に南草津へお越しください。
DSC_2045

そんなフェアに先立ちまして、本日は当店スタッフの私物ジュエリーをご紹介。

(※塚本は休みの為、また個別にお尋ねください。)

 

南出

DSC_1903
Bracelet:Perry Shorty / ペリー ショーティ
Ring : Doran Sehongva / ドーラン セホングヴァ

 

 

DSC_1912
Pendant : Kris Sekaquaptewa / クリス セカクゥアプテワ
Ring : Edison Cummings / エディスン カミングス

ナロータイプのジュエリーが中心ですが、
インレイワークを使用した彩り鮮やかな物もお気に入りです。

 

 

手島

DSC_1919
Bracelet:Edison Cummings / エディスン カミングス
Ring : Edison Cummings / エディスン カミングス

 

 

DSC_1924
Bracelet:Eddie Scott Kohtalawva / エディー スコット コウタロウヴァ
Pendant : Harrison Bitsue / ハリソン ビッツウィ

ナバホ族のEdison Cummings / エディスン カミングスで揃えられた右腕。
左腕にはインレイワークの巨匠、Eddie Scott Kohtalawva / エディー スコット コウタロウヴァの作品を。
部族、作風を超え、主張する両腕は手島スタイルならではないでしょうか。

 

 

中島

DSC_1931
Bracelet:Ernie Lister / アーニー リスター
Ring : Ernie Lister / アーニー リスター

 

 

DSC_1943
Ring : Ruben Saufkie / ルーベン スフキー

 

数多く所有する作品の中でも、最近の両腕はご覧の通りです。
太幅のブレスレットに、左手にはスペシャルオーダーのリング。(マリッジリング)
シンプルなバランスながら、存在感抜群の作品たちを愛用しています。

 

 

傷や、酸化も特有の経年変化として魅力が増していくインディアンジュエリー。

アクセサリーと言えば、夏のイメージが強いですが、

ある種お守りのような感覚で愛着が沸くインディアンジュエリーは、他のアクセサリーでは味わえない特別な物だと思います。
アーティスト毎の作風、使用される素材、ターコイズの種類、購入したタイミング等、

全てが自分の宝物になるインディアンジュエリー。

6月25日からの1週間、皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

 

それでは本日もありがとうございました。

 

 

 

【ROOTS】

COLUMN】Alden

2

PROTOTYPE McLaughlin

0

doo-bop Exclusive MONK STRAP

0

【New Arrival】

HURRAY HURRAY composition : アブストラクトTee – Type A / 9,180 YEN

DSC1256

HURRAY HURRAY composition : アブストラクトTee – Type B / 9,180 YEN

DSC1223

HURRAY HURRAY composition : アブストラクトTee – Type C / 9,180 YEN

DSC1383

HURRAY HURRAY composition : アブストラクトTee – Type D / 9,180 YEN

DSC1348


Multistone Inlay Bracelet【Eddie Scott Kohtalawva】Indian Jewelry★

こんばんは☆

 

季節は寒い方へ向かいますが、当店スタッフらがこよなく愛する

Indian Jewelry★  密かに着々と入荷しているんですよ♪

今夜私が選んだジュエリーは新入荷のモノとは別ですが

カラフルな彩りに誘われ、今夜のBlogにチョイスしました☆

 

P1140044

マルチストーン インレイ ブレスレット/Multistone Inlay Bracelet

 

 

ホピ族を代表するアーティストの一人

エディー スコット コウタロウヴァ/Eddie Scott Kohtalawva 

彼は、伝説のアーティストとも呼ばれるCharles Loloma/チャールズ・ロロマの遠縁でもあり、

こちらのブレスレットの作風は、まるでそれを物語っているようです。

 

P1140052

 

インレイの技法はホピ族には珍しく、彼の作品については特に

『チャンネルインレイ』 と呼ばれる、ターコイズや鉱石等を使用し

立体的に作り上げられています。

 

P1140053

 

ランダムに並べられた美しい石の並び。

これはもはや、美術品です♪

 

P1140046

 

世界で一つだけの自分だけのジュエリー

その特別感が、なんとも嬉しいですね。

確かに、簡単に手が出るプライスではありませんが、

一生モノの自分へのギフトと思えばその価値は生きますね♪

 

P1140048

 

単品使いでも十分すぎる存在感ですが、

シンプルなモノとの重ね付けもおすすめです☆

 

P1140056

 

インディアンジュエリーは、出会った時が運命の時

いつもそう思います。

こちらも、流通自体がそれほど多い作品ではありませんので

もしも、お目に留まりましたらぜひ、Onlineもチェックしてみてくださいね。

その魅力に取りつかれるかもしれません♪

 

今夜も平和を祈って・・・

最後までありがとうございました。

明日もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

doo-bop Shop Blog

毎日更新中です。是非ご覧ください。

 

 


こちらは、美術工芸品です。

こんばんは。

明日で最終日になるインディアンジュエリーフェア、お時間ございましたら

是非、作品を手にとり興味をもっていただけるきっかけになればと思います。

 

本日、ご紹介しますのはジュエリーというより「美術工芸品」という方がしっくりくる作品です。

 

 

IMG_2268.JPG

 

 

Eddie Scott Kohtalawva Multistone Inlay Bracelet

素晴らしい感性とテクニック、根気強さにて製作されたチャネルインレイのブレスレットになります。

 

 

IMG_2269.JPG

 

 

うっとりとする出来栄え、あまりに綺麗過ぎて眺めていると時間をわすれるほどの作品です。

 

 

IMG_2270.JPG

 

昨年のフェアにてスタッフ手島が購入して、その手放せなくなる魅力をしっておりますのでお聞きになってみてください。

 

 

IMG_2271.JPG

 

 

本日のチラ見せ!

 

 

IMG_2272.JPG

 

こちらもどうしても気になる~。

 


vol.2691【ペンダントトップのお勧め所】

こんばんは、南出です。

いつも当店Tip’sをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

ご好評中のインディアンジュエリーフェアは、28日(日)までの開催となっておりますので、気になる作品がある方は、是非ご来店くださいませ。

 

さて本日は、フェアの中で個人的にお勧めのペンダントトップをピックアップしております。

 

20150625-DSC_4647

是非ご覧ください。

 

ハワードネルソン / Howard Nelson Sunburst 3D Pendant

20150625-DSC_4531

当氏の代名詞ともなるデザイン、サンバースト。

手作業とは思えない程、放射状に細かく施されたオーバーレイ。

20150625-DSC_4552

また、厚みを満たせた、立体的なデザインとなっておりますが、中はシャドウボックスとなり、驚くほど軽い着け心地です。

技術力の高さが伺える作品です。

 

また、同アーティストより、

Rectangle Ketoh Pendant

20150625-DSC_4400

ボーガードや、花を元にしたと言われるKetohデザイン。

オーバーレイ部分と、残されたKetohの部分のコントラストが美しい作品です。

20150625-DSC_4417

また小振りなモデルとなりますので、合わせやすく、洋服との相性も良いです。

 

続いて、

エディー スコット コウタロウヴァ / Eddie Scott Kohtalawva

20150625-DSC_4465

チャンネルインレイと呼ばれる多種多色の素材を使用したインレイワーク。

バングルでもお馴染となった作風ですが、ペンダントとなってもその存在感は変わらず圧巻です。

こちらも小振りで非常に着けやすいので、女性にもお勧めの作品です。

20150625-DSC_4490

 

 

そして最後に、

ルーベンスフキー / RubenSaufkie

20150625-DSC_4578

トゥーファキャスト技法を用いて製作されたこちらの作品。凹凸のある表面が光を反射し、奥行きある表情を見せています。

またこちらは、向上心や、上昇志向を意味するイーグルモチーフのオーバーレイデザインです。

20150625-DSC_4597

気温が高くなり、Tシャツやカットソーでの外出が多いと思います。

首元にさりげなく栄えるデザインの物をお勧めさせていただきました。

 

是非ご参考ください。

 

【Event Page】

Indian Jewelry Fair 2015 〈 2015,6.20 Sat. ~ 2015,6.28 Sun〉

名称未設定-3

【New Arrival】

ハワード ネルソン : ランダー ブルー ターコイズ バンド リング / 583,200 YEN

20150615-DSC_1183-01

ハワード ネルソン : モレンシー ターコイズ リング / 170,640 YEN

20150615-DSC_1356

ハワード ネルソン : ローン マウンテン リング / 196,560 YEN

20150623-DSC_8163

ハワード ネルソン : サンバースト ブレスレット / 108,000 YEN

20150622-DSC_6170


ターコイズ ブレスレット【エディー スコット コウタロウヴァ】

こんばんは☆

 

梅雨らしく蒸し暑い毎日が続いていますね。

 

みな様いかがお過ごしでしょうか。

 

doo-bopでは、いよいよ次の土曜日からスタートする

 

インディアンジュエリーフェアに向けての準備

 

順調に進んでいます♪

 

そして、今夜も素晴らしいアーティストの作品をひとつ

 

ご紹介させていただきたいと思います☆

 

P1100651

 

エディー スコット コウタロウヴァ/Eddie Scott Kohtalawva

ターコイズ ブレスレット – キングマン/Turquoise Bracelet – Kingman

 

エディースコットコウタロウヴァ

 

インレイワークジュエリーの印象があるアーティストですが

 

今夜はオーバーレイ技法を駆使した美しいバングル。

 

P1100637

 

そして、センターに堂々と君臨しているその石は

 

アリゾナ州はキングマンでとれるターコイズ。

 

ブルーの中にブラックのマトリックスが何とも美しく

 

深く掘り込まれたインレイワークと自然になじみます。

 

P1100633

 

いつもお伝えさせていただくのですが、

 

インディアンジュエリーは全て人の手で作られ

 

そのアーティストの技術、想いの結晶でもあります。

 

ひとつひとつモチーフにも全て意味があり

 

世界に一つだけの自分だけのジュエリーなんです。

 

この機会にぜひ、インディアンジュエリーの世界へ誘われてくださいませ。

 

P1100631

 

今夜も最後までありがとうございました。

 

今週も、ジュエリーの紹介!前向きにお届けしますね~♪

 

どうぞよろしくお願い致します。

 


vol.2694【Hopi族を代表するアーティスト。】

こんばんは。手島です。

いつもTip’sをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

 

 

 

20150528-DSC_2405

 

 

本日は肌の露出が増えるこれからの季節にオススメのインディアンジュエリーから、Hopi族を代表する2人のアーティストからバングルを紹介させいただきます。

 

 

 

まずは、

 

 

20150528-DSC_2450

 

 

ボビー テワ : ベアー パウ シルバー ブレスレット / 81,810 YEN

 

 

Bobbie Tewa(ボビー テワ)

ホピ族とサンホアン族のハーフとして1974年からジュエリー制作を開始したHopi族のベテランアーティスト、ボビー テワ / Bobbie Tewa。

本日ご紹介するこちらのバングルは繊細なオーバーレイ技法を用いた、Bear Pow Silver Bracelet。

 

 

20150528-DSC_250420150528-DSC_248520150528-DSC_2477

 

 

氏の得意とする1つである、Bear Pow(ベアーパウ)=熊の手をモチーフにしたデザインは、勇気や力の象徴である熊、またその足跡をたどることで自己観察や自己理解など、人々を真実へと導いてくれると伝えられています。

 

 

20150528-DSC_2529 20150528-DSC_2546

 

 

繊細なタッチで、つめ先まで深く鮮明に彫られたBear Pow(ベアーパウ)デザインは、高い技術を持つ氏ならではの職人技です。

 

 

20150528-DSC_2343

 

 

 

 

続いて、

 

 

20150528-DSC_2703

 

 

エディー スコット コウタロウヴァ : ターコイズ ブレスレット – キングマン / 127,440 YEN

 

 

1976年より本格的にジュエリー制作を始め、現在はNavajoの小学校にて教師として勤務しているHopi族のベテランアーティスト、Eddie Scott Kohtalawva / エディー スコット コウタロウヴァ。

氏の使用する工具は父から譲り受けたもので、父から受け継いだ伝統的な作品から多彩な素材を用いて作り上げるチャネルインレイ等、独自の制作活動を行っているアーティストです。

 

 

20150528-DSC_2601

 

 

この度入荷した、中央に綺麗なブラックウェッブが入るkingmanターコイズを配した、Turquoise Bracelet – Kingman。

 

 

20150528-DSC_2650 20150528-DSC_2625

 

 

彫が深く、力強いオーバーレイで仕上げられた作品は、シンプルだからこそアーティストの技量がより引き立つシンプルなバングルに仕上がっております。

 

 

20150528-DSC_2300

 

 

存在感がありながらも主張の強すぎないデザインは、スタイリングとの馴染みも良くつけていただけます。

氏の作品は、年間でも非常に流通量が少なくなってきておりますので、気になられた方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

本日はHopi族を代表する2人のアーティストの作品を紹介させていただきました。

 

 

それでは、本日もお疲れ様でした。

 

 

 

【New Arrival】

ライル セカテロ : スタンプド トライ ワイヤー ブレスレット / 51,624 YEN

20150426-DSC_1194

 

BRU NA BOINNE : ピクシーチェーン / 22,680 YEN

20150523-DSC_7161


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog