Top > doo-bop : Tsukamoto

Pat Pruitt&Chris Pruitt この兄弟から目が離せません。

こんばんは。

 

doo-bop Indian Jewelry Fair 2017にお越しいただきました方々、誠にありがとうございます。

運命的に感じ出会った作品。

末永くご愛用くださいませ。

 

今夜はIndian Jewelryらしからぬ作品を生み出すアーティスト、Pat Pruittをご紹介させていただきます。

 

img_6771

Pat Pruitt Stainless&Stinglry Bracelet

 

この質感に、『ん?』と思われた方、お察しが良いようです。

実は彼、基本的にシルバーを用いずに制作されています。

用いた素材は、ステンレス。

シルバーに比べてどこか冷めた感じがいいじゃないですか。

そこにスティングレーレザーを配置。

魚のエイの革になります。

今までに見たことのない素材をジュエリーに落とし込む発想力の豊かさに驚かされます。

 

img_6785

Pat Pruitt Diamond Inlay Zirconium  Bracelet

 

続きましてこちらは、黒いジュエリー。

ベースにはジルコニウム、合金です。

そこに、インダストリアルダイアモンドを配置。

宝飾用ではなくガラス等のカットに使用されるダイアモンド。

どうりでキラキラしていない訳です。

この黒光りする雰囲気に魅せられます。

 

img_6787

Chris Pruitt Textured Silver Bracelet – Giraffe

 

実は、彼兄弟でアーティスト。

弟のChris Pruittも表現力豊かな作品を生み出します。

こちらはジラフ、キリン柄です。

 

兄弟揃って引き出しの多いこと。

トラディショナルなスタイルとは対極に映るかもしれません。

インディアンジュエリーの新たな楽しさを教えてくれるようです。

 

型枠に捉われず前進するスタイル。

Pruitt兄弟を是非ご覧くださいませ。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 

 


Indian Jewelry.

 

 

『本当に良いと思ったものを。』

 

私たちの根底にあるインディアンジュエリーへの敬意。

彼らが生み出すジュエリーには、澱みない自信と尊厳が込められています。

混沌とした世界を生き抜く、気品に溢れた作品の数々。

それぞれに描かれたストーリーは、私たちをかけがえのない出会いへ導きます。

 

 

今回は、下記ラインナップで特集を組ませていただきました。

 

File 1  → 新鋭アーティストのご紹介

File 2 → プレゼント(クリスマスギフト)にお勧めの作品

File 3 → 1年間のご褒美

File 4 → スペシャル企画

 

今季の締めくくりとなるインディアンジュエリーの提案。

来年も更なる出会いを求めて。

 

どうぞご覧ください。

 

dsc_6708

 

0

 

dsc_7247 dsc_7326

 

 

13

 

3

 

dsc_7102 dsc_7109

 

 

 

12

9

 

dsc_7198 dsc_7228

 

 

 

 

14

 

15

 

dsc_7081dsc_7063

 

 

 

 

 

 

 

 

 


プレゼントにインディアンジュエリーを。

こんばんは。

ご自身に、大切な方へとクリスマスが近づくにつれ、聞く機会が増える『プレゼント』

自分にあげるのは正確にはプレゼントでは、ないかも知れないですが。笑

一年の頑張りに対してということで、今夜は

 

img_4809 img_4812

 

インディアンジュエリーを。

価格、作風、サイズと多様に取り揃えております、当店の看板アイテム。

 

img_4815

Patricia Bedonie  1/4 Starburst Band Ring

 

パトリシアベドニーのリングはいかがでしょうか。

繊細なラインのサンバーストならぬスターバースト。

可愛くも美しくもある彼女の作品。

サイズ修正も出来るデザインですので、ペアでご着用していただいても良いですね。

 

img_4819

Patricia Bedonie Sunburst Cube Pendant

 

同じくパトリシアのペンダント。

小さなキューブに彼女の作品の魅力が詰まっております。

お洋服の邪魔をすることなく、デイリーに着けていただける作品です。

 

img_4818

Kris Sekaquaptewa  Inlay Cube Pendant Large

 

キューブといえば、こちらも。

一回り大きいサイズ感は程良い主張に。

多色使いですが、小さな世界に集約されていますので、スッキリとまとまっております。

 

img_4820

Zuni  Zuni Character Pin

 

ピンなんてのも。

欲しくても、お洋服優先で中々たどり着けないという方も多いと思います。

こういったアイテムこそ、贈っていただくと喜んでいただけるのではないでしょうか。

どこかで見たことのあるキャラクターたち。

大切な方をイメージして贈るのも楽しいですよ。

 

img_4817

Pat Pruitt  Twist Zirconum Bracelet

 

最後に僕が贈って欲しい作品。

単純に欲しい。笑

ジルコニウムの黒光りにツイストデザインはシンプルですが何か惹かれます。

着用していれば静かに見守ってください。

多分、自分で買ってます。

 

男性、女性共に喜んでいただける作品を取り揃えております。

今年はアクセサリーにしようかと思案されている方、思い出作りのお手伝いをさせていただきます。

 

【Event】

2016 Paraboot Trunk Show & Shoe Care Event.

0

 

【COLUMN】

Shoe Care ~アッパー編~

dsc_8346

 

【Roots】

2016 A/W FilMelange.

0

 

 


    vol.3035 【Indian Jewelry Fairに向けて~PRUITT兄弟~】

    こんばんは、南出です。

    いつも当店SHOP BLOGをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

     

     

    関西地方を中心に大雨が降るとの予報を聞いていましたが、いかがお過ごしでしょうか。

    南草津は雲行きはあやしいものの、晴れ間の覗く一日でした。

     

     

    湿度が高い日が続くようですので、リネン素材や、サマーウール素材を用いて

    快適な着心地でお過ごしくださいね。

     

     

    それでは、本日もIndian Jewelry Fairに向けて、アーティストのご紹介を。

     

    DSC_7846

    『Cutting Edge/最先端』

    そう呼ばれる2人のアーティスト、兄パット プルイット(Pat Pruitt)と、弟クリス プルイット(Chris Pruitt)

    ラグーナ族の両アーティストは、コンテンポラリースタイル(近代的作品)を表現する事から、最先端のアーティストとして評価を受けています。

    手作業では加工が不可能とされる特殊な鉱物や金属を、工業用の道具を使用し制作します。

    独自の世界観という言葉だけでは表現しきれない、

    革新的なデザイン、想像を越える材質を組み合わせは、インディアンジュエリーの新しい価値観を創り出しています。

     

     

     

    DSC_7762

    パット プルイット(Pat Pruitt)

    炭素繊維、ゴム、自動車ベルト、ステンレスやエイ革などの多様な、エキゾチックな材料を使用し、作品を手掛けるアーティストです。

    使用する材料、前衛的なデザインは、インディアンジュエリーの概念を覆す作品。

    類を見ないデザイン力、技術は評価され、サンタフェインディアンマーケットや、ハードミュージアム等で数々の賞を受賞しています。

     

     

     

    DSC_7790

     

    DSC_7805

    今回は、チタン、カーボンファイバーを使用したリング、

    ステンレスや、インダストリアルダイヤモンド(鉱物を加工する為のダイヤモンド)使用したブレスレット等をご用意しております。

     

     

     

     

    DSC_7738

    クリス プルイット(Chris Pruitt)

    兄よりジュエリー作りを学んだ当氏。

    兄同様に、多種に渡る鉱物とシルバーを使用した作品を手掛けます。

    伝統的なジュエリーワークをベースに、独自の解釈でデザインされる、インレイやテクスチャリングは、

    作品制作当初から多くの支持を受け、コンテンポラリースタイルの立役者として、その名を連ねています。

     

     

    DSC_7820

    今回は、当氏を代表する、テクスチャリングバングルに加え、マネークリップ等の珍しい作品もご用意しております。

     

     

     

    DSC_7729

    ハードや、力強いと言った、インディアンジュエリーの持つイメージを逸脱し、

    モダンに仕上がったPRUITT兄弟の作品。

     

     

    しかし、伝統的なクラフトワークや、自然界からインスピレーションも大切にしており、

    自分たちの民族性や、歩みを後世に伝えるように、進化したインディアンジュエリーとしてご覧いただけるのではないでしょうか。

     

     

    カジュアルなスタイルから、ドレスや、モードな洋服まで、スタイリングの垣根を超える作品だと思います。

     

     

    是非、お楽しみにご来店くださいませ。

     

     

    それでは本日もありがとうございました。

     

     

    【EVENT】

    Indian Jewelry Fair 2016 6.25(Sat)~7.3(Sun)

    DSC_0998

     

    【ROOTS】

    COLUMN】Alden

    2

     

    【New Arrival】

    SASSAFRAS : Seed Bomb Pants 1/2 – Weeds Poplin / 21,600 YEN

    DSC_7138

     

     

    SASSAFRAS : Seed Bomb Pants 1/2 – Back Satin / 21,600 YEN

    DSC_7298

     


    黒いジュエリー。

    こんばんは、お疲れ様です。

    あと3日です。

    土曜日からインディアンジュエリーフェアです。

     

    着々とイベント用のジュエリーが到着しております。

     

    本日はその中から。

     

    パット プルイット / Pat Pruitt ラグーナ族

    IMG_3363.JPG

    先日ご紹介しました、クリスプルイット / Chris Pruittのお兄さんです。

    クリスプルイット / Chris Pruittにジュエリー作りを教えた当氏。

    インディアンジュエリー内でコンテンポラリーなそのスタイルを称して、Cutting Edge/最先端』と呼ばれています。

    基本的な伝統クラフトを学んだ上で、機械工学を取り入れた、ネイティブと現代様式の融合を目指した作品を手がけています。

     

    今回も特徴的な黒い工業金属を使用したブレスレット。

    IMG_3364.JPG

    IMG_3366.JPG

    IMG_3367.JPG

     

     

     

    IMG_3368.JPG

    IMG_3369.JPG

    IMG_3371.JPG

    日本での流通数が非常に少ないアーティストです。

     

     

    そしてこちらも。

    IMG_3372.JPG

    IMG_3373.JPG

    ネームタグのようなデザインのペンダント。

    恐らくシルコニウムだと思うのですが、、自信ないです。

    20日に詳しいご説明をいただいて勉強させていただきます。

    IMG_3374.JPG

    最先端のジュエリーを。


    アーカイブ

    doo-bop Staff Blog

    doo-bop Ameba Blog