Top > doo-bop : Minamide

エッジの効いた1本をどうぞ。

こんばんは、お疲れ様です。

連日送別のお誘いをいただきまして、誠にありがとうございます(泣)。

 

完全にウエスト周りも成長し、若干パンツのサイズ感が変わってきている今日この頃です。

 

残り1週間を切りました。

よろしくお願いします。

 

さてさて、気温が上がってきました。

アクセサリーの準備は出来ていますか?

 

doo-bopオープン時より展開してきましたインディアンジュエリー。

取り扱いを開始した当初よりも、ファッションとしての認知度が高くなったん分、

アーティストの作風、デザイン、コンセプトとより掘り下げた見方。

また新たなアーティストの誕生と、より深い世界観が広がっています。

 

本日はこちらをどうぞ、個人的にも今最も欲しいアーティストです。

 

 

img_0540

ラグーナ族のアーティスト、Pat Pruitt(パットプルイット)

 

まずこの方、自身のホームページも持っています。

 

 

pplee

またビックリするほど、男前。(オフィシャルホームページより参照)

 

類まれなる才能を発揮した、

武器の様な作品も多いのですが、当店ではバランスの良い作品をご用意しています。

インディアンジュエリーフェアでも何度が入荷した、最先端を突き進むコンテンポラリーアーティスト。

工業用の金属や、工具を使用した作品作りの中、

インディアンジュエリーの基本的な技術を得た上で発展させた独自のスタイルを確立しています。

 

 

 

img_0544

Diamond Zirconum Bracelet

鈍くマットな印象ながら、仄かな光沢を放つジルコニウム。

重厚感と、高級感が合わさった質感が特長です。

シルバーに近い質量を持ちながら、金属アレルギーを起こさない素材として知られる素材。

 

 

 

img_0545

ダイヤモンド型に象られた表面が高級感を一層際立たせます。

 

 

img_0546

太幅の迫力も、モダンな印象と融合し、

洗練されたイメージで付けていただけます。

 

 

そしてもう一本。

img_0541

Stainless & Stingray Bracelet

こちらはステンレスを使用したブレスレット。

強い光沢感と、高い強度、そして錆にも強いという特性を持ちます。

個人的にはこの光沢感に、近代的な印象を憶えます。

 

 

そして、

img_0542

こちらの一番の特長が、Stingray(スティングレイ)を使用しています。

エイの1種となり、古くは日本刀の柄の部分にも使用されている独特な粒粒を持つ革です。

 

まさに近代的という言葉がぴったりとハマる1本。

 

 

img_0551

インディアンジュエリーのイメージを変える1本ですが、

そのデザインは、オールドスタイルと重ねて付けてもお勧めです。

 

 

夏を彩る1本。

コンテンポラリーな作品にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

 

 

【お知らせです】

私事になりますが、

この度、5月20日を持ちまして、9年間お世話になったdoo-bopを退職いたします。

本来では皆様にお会いして挨拶をさせていただく所、

このようなご報告の形となり、申し訳ございません。

 

出勤日は下記の通りとなりますので、

お忙しいとは思いますが、ご来店いただけますと幸いです。

 

【出勤日】

5/15(月)、5/17(水)、5/18(木)、5/20(土)。

残り4日。

 

 

【Event】

2017 S/S Sandals collection.

2

【Roots】

 

Ruben Saufkie × doo-bop Exclusive SP Tufa&Shiny Ring.

20170419-dsc_0765

MOJITO × doo-bop Exclusive P.P.PANTS.

0

【COLUMN】

HURRAY HURRAY composition × doo-bop Exclusive The Rolling Stones Tee.

dsc_8150

 

【通信販売に関しまして】

当店は、毎週金曜日に店舗休業をいただいており、

オンラインショップご注文への、ご返信並びに発送に関しまして、

翌日の土曜日よりご対応しておりましたが、

金曜日の13時までにいただいたご注文に関しましては、当日金曜日でのご発送にて承ります。

どうぞご利用くださいませ。


スタッフの欲しいジュエリー。

こんばんは。

 

本日はインディアンジュエリーフェア開催中スタッフが狙っている作品を。

 

 

image3

 

僕はペリーショーティーのチゼルワークブレスレット。

コインシルバーの柔らかい質感にナバホのトラディショナルデザインのチゼル。

シンプルに伝わるインディアンジュエリーの魅力。

金額はするのですが納得出来る素晴らしさ。

 

image4

 

続きまして南出。

ラグーナ族、パットプルイットのブレスレット。

実は去年から虎視眈々と狙っていたようです。

工業用ダイアモンドを使用したこちらの作品はインディアンジュエリーの新たな可能性を感じます。

 

image2

 

手島はエディー スコット コウタロウヴァのブレスレット。

実は彼、すでにエディの作品を所有しているのですが両腕にはめたいとのことです。

作品もですがエディという人物が好き。

このアーティストの創った作品でないと。

大事なことだと思います。

 

image2

 

最後に中島、マルコビゲイのランダーブルーを使用したリング

 

image1

 

それにエディー スコット コウタロウヴァのブレスレット

数多くの作品に触れ、着用してきた中島。

らしいと取るか意外と取るか是非店頭にお越しの際は理由を聞いてみてください。

 

いかでしたでしょうか。

お客様対応しながら一番刺激されているのはdoo-bopスタッフかもしれませんね。

インディアンジュエリーフェアは7月3日(日)まで開催しております。

ご自身にフィットするジュエリー見つけてください。

 

image1

 

 

ブログを書いている途中、中島がまずは購入。

 

 

PROTOTYPE McLaughlin

0

【EVENT】

Indian Jewelry Fair

0

 

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog