Top > doo-bop : Tsukamoto

Schiesser Karl Heinz Shirt 1/2 buton tape。

Schiesserのカットソーが好き。

 

ブランドイメージの一つとなっています『ヘンリーネック』

このトリッキーとも思える襟型が色違いで欲しくなってしまう不思議。

お持ちの方は納得していただけると思います。

 

 

img_1404

Schiesser Karl Heinz Shirt 1/2 buton tape – Blue black

 

先日の中島ブログで伝えておりますが、パーフェクトじゃないところに惹かれているのかもしれません。

通常国産のアイテムですと縫製やパターン、デザインと全てを100点取りに行く感じ。

完成度の高さが魅力かと思いますが、Schiesserはディティールをひも解くと80点もあれば120点もある感じ。

平均すると100点なのですが、点の取り方が違うと感じます。

突き抜けるところはとことん。

そこが魅力です。

 

img_1402

 

『突き抜けるカッコ良さ』

それはヘンリー部分に集約されていると思います。

セクシーで味があって、着込み甲斐のあるタフさ。

男性の着るカットソーに求める要素が詰まっています。

 

img_1401

Schiesser Friedrich – White

 

そしてヘンリーネックをお持ちの方へは夏らしいこちらをお勧めします。

Schiesserのタンクトップは、昨年試しにと購入してみたのですが、

驚くほど良い肌触りとフィット感。

確実に違いが分かると思います。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


ヘンリーネックのカットソーと言えば。

こんばんは。

GW明けの出勤日、お休みだった方は久しぶりのお仕事でお疲れでしょうか。

また、サービス業等でお仕事だった方は、今からお休みという方もいらっしゃるようですね。

しっかり、疲れを癒してください。

お時間ございましたら、是非doo-bopへお越しくださいませ。

しっかり季節の洋服提案させていただきます。

 

今夜は、主軸のカットソー、Schiesserを。

 

img_6260

Schiesser Harald Shirt 1/2 – black blue

 

Schiesserといえば、ヘンリーネック。

共生地で包んだボタンが上品な印象のHarald Shirt。

ブルーブラックのお色目は、ブラックともネイビーとも言い切れない絶妙のカラー。

ですので、ダークトーンでスタイリングした際も、色が被り過ぎず、良い塩梅のグラデーションとなります。

 

img_6253

Schiesser Karl-Heinz Shirt 1/2 botton tape – Khaki

 

そして、 Khaki。

こちらはお馴染みのKarl-Heinz Shirtです。

男らしいオリーブベースのカラーは、白パン等のライトカラーを合わせると爽やかに、ダークトーンのパンツでカッコ良く組み合わせていただけます。

 

img_6262

 

Schiesserの魅力はこの前立て部分。

シャツ地の前立てが、洗い込むとクシャとなり味わい深い表情になります。

深さのある4つボタンが、色気のある首元を作り出し、この部分に魅力が集約されていると思います。

 

img_6266

 

長く良いものをお探しの方にお勧めできる1枚です。

着心地、デザイン、タフさ。

それらを併せ持つカットソーです。

直接肌に触れるモノだからこそ、こだわりを持って選んでみては。

 

【Event】

2017 S/S Sandals collection.

2

 

【Roots】

Jutta Neumann × doo-bop Exclusive Alice.

0

 

 

Ruben Saufkie × doo-bop Exclusive SP Tufa&Shiny Ring.

20170419-dsc_0765

MOJITO × doo-bop Exclusive P.P.PANTS.

0

 

【COLUMN】

HURRAY HURRAY composition × doo-bop Exclusive The Rolling Stones Tee.

dsc_8150


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog