Top > doo-bop : Nakata

COMES AND GOES

こんばんは。

3月ですね。

卒業や転勤など変化のある季節ですね。

そして新たなことへの準備の時期ですね。

 

 

そんな時期にピッタリなブランド名

COMES AND GOES

春は新しいことへ挑戦、変化を楽しんでみてはどうかと

今回は帽子によるイメージチェンジを。

image1

 

普段はこんな感じのベレーが多いのですが

 

image2

 

ビッグサイズのベレー

 

image3

 

キャスケット

 

image5

 

ボーラーハット

 

image4

 

キャップハット

 

 

被る帽子で見え方が変わると思います。

少し変化が欲しい方、挑戦したい方どうぞ。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Vol.3562 【COMESANDGOES:New Arrivals】

 

スタッフ中田はよく帽子をかぶっています。

そんな彼に帽子の良いところを聞いてみると、かぶる物によって印象をがらりと変えられる点、

そして朝に髪を整えなくてすむところだと言っていました。

 

ちょっとそこまで出かけるのに髪をセットするのは面倒だけれど、このままじゃ少し気になる。

休みの日なんかにはこんなこともよくあります。

そのときに気取ることなく、さっとかぶれる帽子があれば便利だろうなと。

 

ファッションアイテムとしても重要な、キャップやハットなどのかぶり物。

ですが朝に髪型が決まらずいらいらしている方、家を出るぎりぎりまで寝ている方。

そんな人たちにとっても強い味方になってくれます。

 

 

COMESANDGOES:New Arrivals

20180213-dsc_4302

 

 

 

 

20180213-dsc_4306

 

 

先日届いたCOMESANDGOESの帽子。

日常使いにぴったりのものから、なかなか際どいデザインのものまで。

 

帽子もかぶりなれていないと、なんだか違和感を覚えてそわそわしてしまいますが、

意外と周りの人からは似あっていると言われたり。

 

とりあえずかぶってみるところから始めてみましょう。

 

 

下記のColumnでご紹介させていただいているバッグ、明日から販売を開始します。

本物だからこその迫力ある存在感を、ぜひご覧になってください。

 

【Column】

French Air Force Paratrooper Bag

2

 

 

【Roots】

Needles × doo-bop Exclusive Block Plaid Shirt Jacket

1

 

 

【New Arrival】

 

 

 

 


Hender Scheme & COMESANDGOES レザーキャップをお試しください。

こんばんは。

1月27日(土)よりOMERSA Order Fairを開催させていただきます。

日々の暮らしをより豊かに過ごしていただけるアイテムです。

 

お子さんやお孫さんの記念日をより印象的な一日に変えていただいたり、

マンションにお住まいの方で動物がお好きな方へもフィットするのではないでしょうか。

 

即売可能サンプル数体と共にお待ちしておりますので、

ご興味ございましたら素敵なアニマルと触れ合ってみてください。

 

革つながりということで今夜はレザーアイテムを紹介させていただきます。

 

img_8834

Hender Scheme  water proof pig jet cap – Black

 

そうです。レザーのキャップです。

Hender Schemeからピッグスウェードを使用しましたジェットキャップ型が到着いたしました。

撥水加工を施されておりますので、雨でも安心してお楽しみいただけます。

スタイリング馴染みの良さそうなブラック。

しっかりと引き締めるカラーです。

 

img_8832

Hender Scheme  water proof pig jet cap – Khaki Brown

 

柔らかな印象のカーキブラウンとお選びください。

レザーのキャップはスタイリングに個性を与えてくれます。

例えば、コットン素材のトップスに合わせていただくだけでお互いの素材の個性がグっと引き出ます。

ストリートなデザインとのマッチングも楽しいところです。

キャップ、帽子好きの方はトライしてみてください。

 

img_8825

COMESANDGOES  PUNCHING SHEEP CAP – Black

 

実はもう一型。

COMESANDGOESよりシープ(羊)のスウェードを使用しましたキャップもご用意がございます。

パンチングされたスウェードが新鮮に映し出します。

こちらも安定感のありますブラックと、

 

img_8828

COMESANDGOES  PUNCHING SHEEP CAP – Light Gray

 

季節感のございますLight Gray。

形やカラーはお好みのところがあると思いますので、

悩む過程も大切にしながらお選びくださいませ。

 

レザーってハードなだけじゃないということを教えてくれる両ブランドのキャップたち。

素材の新たな側面を感じることで、新鮮さをお楽しみください。

 

早めに小物から衣替えしていただくのも良いですね。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 


COMESANDGOES FLEXIBLE BALLON HAT。

こんばんは。

秋冬のお洋服はお楽しみいただいておりますでしょうか。

素材感が独特で季節感を与える帽子をご紹介させていただきます。

 

img_7833

COMESANDGOES FLEXIBLE BALLON HAT  Gray  Black

 

ネーミングの通りしなやかで柔らかな雰囲気のハット。

プレーンに見えるハットは各ディティールが少しづつ面白い。

そんなところを紐解いてご紹介させていただきます。

 

img_7834

 

素材はウールとリネン。

ウールの起毛感にリネンのシャリ感。

相反する二つの質感が同居した触り心地。

フワっとしてシャリっともする感覚が新鮮。

 

img_7836

 

ツバ先にはワイヤーが入っている為、

お好きにアレンジをお楽しみいただけます。

ナチュラルに『作ってます感』なく、乱れず形をキープします。

 

img_7835

 

帽子のてっぺんには同生地で包まれた天ボタン。

チャーミングポイント。

可愛らしいところも愛嬌があっていいですね。

この手のハットではこういったボタンを使用されている意外と少ないと思います。

 

img_7766

 

素材、ディティール、形状と一見するとプレーンに映し出すこちらのハット。

目を凝らすと見えてくる少しの違い。

ほんの少しの違和感って気持ち良いですよ。

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


COMESANDGOESから帽子が勢揃い!

こんばんは。

 

今夜は帽子。

COMESANDGOESから揃いました秋冬帽たち。

ようやく涼しくなってきましたから、そろそろ無理なくお楽しみいただける頃ですね。

 

img_7483

 

『似合う、似合わない』

服や帽子と身に着けるアイテムには、確かに存在はすると思いますが、もっと大事なのは『板につけるか』

馴染むというか、キャラ付けといいましょうか。

 

 

久しぶりだったり、被り慣れない帽子は何だかソワソワするもの。

いろんな形状が選べる今だからこそ、楽しみながら試せます。

ソワソワをワクワクに変えてみてください。

 

img_7472

COMESANDGOES CORDUROY CAP – Navy

 

畝が良い感じのコーデュロイ。

優しい肌触りは、他のコットン素材に比べ柔らかい印象に。

良い意味でベーシックな形が落ち着きます。

img_7475

 

同じく冬素材、起毛感のあるウール。

つばの短さが、カジュアルで可愛い感じも。

短髪の方ですと、ちょこんと乗せる感じも良いのでは。

 

img_7480

COMESANDGOES WATER PROOF VARIATION CAP – Navy

 

ラストは変化球。

撥水性能のある素材を使用したキャップ。

その名の通りいろんな被り方を楽しんでいただけます。

 

 

表にネームやアイコンの付かないデザインは共通点ですが、深さ、つばの長さで雰囲気はガラリ。

スタイルの仕上げから日常まで、自分好みを見つけてくださいね。

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Vol.3432 【COMESANDGOES:CAP&HAT】

 

帽子を上手く被っている人を見かけるたびに、

いいな、自分も被りたいなと思います。

ところが実際に着用してみると何だかしっくりこない。

そのときに、自分には帽子は似合わないのかと決めつけてしまうのではなく、

とりあえず片っ端から色々な形を試してみてください。

似合う帽子、きっとあるはずです。

 

 

COMESANDGOES

20170912-dsc_2433

 

 

COMESANDGOESからキャップにハット、色々と届いています。

秋冬らしいコーデュロイ、ウール。

どれも名脇役としてスタイリングに馴染んでくれそうです。

 

一見どちらもベーシックなキャップですが、

被ってみると受ける印象はかなり異なります。

ぜひ比べてみてください。

 

 

20170912-dsc_2438

 

 

こちらはツバにワイヤーが入っていて、

好みの形に曲げることができます。

クセも少なく被りやすいので、初めてのハットにも。

ロングコートに合わせたスタイリングなんか良さそうです。

 

帽子をかぶってがらりと雰囲気を変えてみませんか。

 

 

【Roots】

MILE STONE #02 MOJITO × doo-bop Exclusive GULF STREAM PANTS Bar.3.0

3

 

【New Arrival】

COMESANDGOES:FLEXIBLE HAT – Black / 11,880YEN

COMESANDGOES:FLEXIBLE HAT – Gray / 11,880YEN

SAINT JAMES:OUESSANT – NOIR / 10,800YEN

SAINT JAMES:OUESSANT – ECRU / 10,800YEN


INCOTEX、COMESANDGOESそしてWILLY CHAVARRIA 。

こんばんは。

やっと展示会ラッシュは、終盤。

2017awの全体像が、クッキリとしてきました。

来期の当店は、現代版マッスルスタイル(あっちではなく、体幹を鍛え、芯を太く)。

新規お取り扱いブランドで新たなテイストを肉付けし、既存ブランドのピックする内容をシンプルにしました。

と言いますのは、今年の9月で丸10年で「さぁ~、どうしよう?」と考えたところ

売り上げは大事なのですが、自分が思うセレクトショップとはなんぞやにもどるのです。

いくらお客さんのことを考えても、結局は僕たちがいいと思う物を仕入れてるわけですので。

 

 

image1

 

 

そして最近、展開を始めさせていただいたブランドは当店らしいのか?

お客さんにどのように映っているのか?

3ブランド、あまりにテイストが異なるため、気にはなりますが

始めた限りわね。

血となり、肉にしていかないと。

 

 

image2

 

 

WILLY CHAVARRIAに関しては、スタッフ内で賛否両論あったのですが

決め手となったのは、素材の良さです。

デザインの好き嫌いは、あって当然。

例外もありますが、当店取り扱いのおおきな基準は、素材になります。

いい素材は、のちのち気づかせてくれる事が多いですから。

 

 

image3

 

 

 

本日のチラ見せ!

 

 

image4

 

コンバースが、バカデカいのではないですよ。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新です。是非ご覧ください。

 


COMESANDGOESのVENTILE CAP。

こんばんは。

 

本日は久しぶりとなるコラムページを更新しております。

コラムページ→【COLUMN】ink

内容はinkプレス尾崎さんのインタビュー掲載になります。

ブランドの歴史、リメイクアイテムが生まれる過程等、見ごたえのある内容になりますので是非ご覧いただけましたら幸いです。

また、おかげさまで別注で作っていただいた”ベドシャツ”も残りわずかとなりました。

インタビュー内でも今回の別注についての話を掲載しておりますので、併せてご覧ください。

 

さて本日は、COMESANDGOESのVENTILE CAPをご紹介します。

 

image7

 

COMESANDGOES : VENTILE CAP – Black / 9,612 YEN

COMESANDGOES : VENTILE CAP – Khaki / 9,612 YEN

COMESANDGOES : VENTILE CAP – Wine / 9,612 YEN

COMESANDGOES : VENTILE CAP – Beige / 9,612 YEN

 

今季のコレクションで惹かれた素材、VENTILE(ベンタイル)。

当店でも展開させていただいている、ROYAL NAVY SMOCK PARKAやtilakでも使用されている高密度に織られたコットン100%の高機能素材です。

防水・撥水・通気・透湿性に優れながら、天然素材ならではの取り扱いのし易さ。

特有の光沢感による大人びた顔周りを演出してくれます。

その素材を用いてオーソドックスな6パネルのキャップに落とし込むことで、クラシカルな要素とモダンな要素を備えたキャップに仕上がりました。

カラーも豊富に展開しております。

 

image8

 

後ろのアジャスターで調整可能なフリーサイズ。

素材はレザーが使用され、細部への拘りが伺えます。

 

image3

image2

 

やや浅めのシルエットで、前・後被りでもスッキリした印象です。

 

image1

 

tops : AURALEE : SUPER HARD TWIST RIB KNIT PO – KHAKI

bottoms : TEATORA : Wallet Pants CARGO FULL FLAT- BLACK

shoes : GERMAN TRAINER : 1183 GERMAN TRAINER

ミニマムでクリーンなスタイル。

同様に素材に特長のあるAURALEEやTEATORAと相性良く被っていただけます。

image5

image4

tops : Engineered Garments : Aviator Jacket – Flight Sateen

cutsewn : PROTOTYPE : Brownie – Olive

bottoms : PROTOTYPE : McLaughlin

shoes : MOTO : Side gore

また、今シーズンはMA-1やフライトジャケット等、ショート丈のブルゾンと合わせたスタイルをお勧めさせていただきます。

直球なアメカジスタイルに合わせていただくと意外と新鮮です。

夏場はシンプルな無地Tに合わせても良いと思います。

男女問わずお勧めの、VENTILE CAP。

 

是非お試しください。

 

 

それでは、本日もありがとうございました。

 

 

 

【COLUMN】

ink

dsc_5134-7

【Event】

COMESANDGOES.

0

 

【Roots】

MOJITO × doo-bop Exclusive ABTHINTH SHIRT Bar.2.0.

dsc_3595-1

2017 S/S TEATORA.

6

ink × doo-bop Exclusive Vietnam Army Shirts.

0-2


vol.3240 【COMESANDGOESの帽子をどうぞ。】

こんばんは、南出です。

いつも当店Shop Blogをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

天気が崩れた本日でしたが、南草津は雪ではなく雨。

少しずつ季節は春へ向かっていると感じます。

 

春の小物としてお勧めさせていただく、COMESANDGOES(カムズアンドゴーズ)の帽子。

Rootsで更新しておりました、この春のコレクションが揃いました。

どうぞご覧ください。

 

 

dsc_5906-8

COMESANDGOES : VENTILE CAP

 

dsc_5816-4

ベーシックな6ピースのベースボールキャップ。

使用されているのはベンタイルコットン。

高い撥水性と透湿性に加え、高密度の細番手で織られた生地は、経年変化も楽しめます。

浅すぎず、深すぎず。

バランスよく設定されたシルエットは、フリーサイズで調節ができ、男女ともにお勧めです。

 

 

 

dsc_5957-10

COMESANDGOES : NAME CAP

 

dsc_5824-5

VENTILE CAP(ベンタイルキャップ)をベースに、

ブランドロゴをデザインとして位置づけ、フロント個所に加えたタイプ。

顔周りのアイテムだからこそ、小さなディティールの差が、大きな印象の差に。

ANOTHERSIDE(COMES)2と名付けた、デザイナーの今の気分をデザインに落とし込んだラインです。

 

 

dsc_5933-9

COMESANDGOES : NAME JET CAP

 

dsc_5795-2

ストリートカルチャーとして根付きだした、JET CAP(ジェットキャップ)。

浅めに設定されたクラウンがアクティブな印象を引き出します。

スポーティなムードを加えるデザインとなり、ジャケットの外しや、カジュアル使いにハマるモデルです。

こちらも同様にベンタイルコットンを使用しています。

本来はイギリス空軍用に開発されたベンタイルコットン。

時代を経て、ファッションというフィルターを通すことで、帽子へ。

デザイナーの柔軟な姿勢を感じるベンタイルコットンのキャップシリーズ。

蒸れを防ぎながら撥水性を持つ、非常に帽子に向いた素材です。

 

 

 

dsc_5845-6

COMESANDGOES : LINEN CASQUETTE

 

dsc_5803-3

クラウンにたっぷりとボリュームを持たせたCASQUETTE(キャスケット)。

スナップボタンによりシルエットをアレンジでき、様々な被り方をお楽しみいただけるモデルです。

クラシックなイメージが強い形ですが、使われる素材、クラウンのシルエットにより、

肩の力を抜いた印象に。

素材には、ベルギーリネンを。春夏の季節感を演出する経年変化も楽しめる素材です。

 

 

dsc_5875-7

COMESANDGOES : DENIM BALLON HAT

 

dsc_5783-1

ラフに、カジュアルに。

そんなイメージをお楽しみいただけるBALLON HAT(バルーンハット)。

カジュアルなデザインと、デニムの持つスラブ感が非常にマッチしたモデルです。

普段使いはもちろん、夏場のフェスや、キャンプにもお勧めです。

 

 

一堂に揃った、COMESANDGOES(カムズアンドゴーズ)の帽子。

春を彩る小物は即戦力としてスタイリングに加えていただけます。

 

 

控え目ですが、個性を持った帽子のデザイン。

被り心地と、表情を想像した素材使い。

一度被ると集めたくなるのではないでしょうか。

どうぞ、ご覧ください。

 

 

また、本日オフィシャルホームページRootsを更新しております。

dsc_3595-1

MOJITO × doo-bop Exclusive ABTHINTH SHIRT Bar.2.0.

 

別注の1枚は、春夏を盛り上げる総柄。

どうぞご覧ください。

 

春はもうそこまで来ているはずです。

 

それでは、本日もありがとうございました。

 

【Roots】

MOJITO × doo-bop Exclusive ABTHINTH SHIRT Bar.2.0.

1

 

【Event】

COMESANDGOES.

0

 

 

【COLUMN】

Chambers

20161213-dsc_1540

 

【New Arrival】

COMESANDGOES : NAME JET CAP – Navy / 9,720 YEN

dsc_5591-5-01

 

COMESANDGOES : NAME JET CAP – Khaki / 9,720 YEN

dsc_5556-1-01

 

COMESANDGOES : NAME JET CAP – Black / 9,720 YEN

dsc_5492-2

 

COMESANDGOES : NAME JET CAP – Beige / 9,720 YEN

dsc_5463-1-01


新しいことをはじめる。

こんばんは。

イベントページはご覧いただきましたでしょうか。

今回は、僕も登場しております。

お時間ございましたら、こちらからどうぞ。

 

実は普段は、そこまで被ることが多くない帽子。

きっかけを失って、変な苦手意識も芽生えかけていた矢先に、COMESANDGOESから素敵な帽子が届きました。

 

苦手意識とか言いながらも、被りはじめると、結構いいんじゃないかと。

見慣れない感じやソワソワ感はあるのですがチャレンジしようかなと、春の季節が背中を押します。

新しいことに、仕事も遊びもファッションもチャレンジしやすい季節。

小さくても変化はつけていきたいですよね。

 

今夜は僕が、撮影ですごくシックリきた帽子を紹介させていただきます。

 

fullsizerender

COMESANDGOES DENIM BALLON HAT

 

デニムのハットたち。

インディゴからフェードしたライトブルーにブラックまで、スタイルに合わせてご覧いただけます。

 

img_5337

 

何が良いってツバの中にあるワイヤー。

ハット形状の帽子って、中々ツバが良い感じで持続しづらいのですが、こちらのワイヤーによりしっかりとキープします。

かと言って『作りました感』のあるカッチリした感じとは違うので、ラフに。

 

img_5339

 

このステッチの数をご覧ください。

びっしりと入ったステッチが洗い込む度に、アタリ、色落ちが楽しめそうです。

デニムの持つ魅力であるエイジング。

各色、異なる変化をお楽しみいただけるのですが、最終的には着用者のライフスタイルが色濃く出る点も愛着の沸くところですね。

 

img_5334

COMESANDGOES DENIM BALLON HAT – Light Blue

 

個人的にはライトブルーと

 

img_5332

COMESANDGOES DENIM BALLON HAT – Black

 

ブラックが気になります。

 

img_5330

COMESANDGOES DENIM BALLON HAT – Indigo

 

当店の帽子番長、手島はインディゴが気になるようです。

 

今から馴染ませて、オンシーズンで少し色が抜けたくらいが丁度良いと思えるハットです。

 

様々な形状の帽子と見比べていただける機会です。

お時間の許す限り、吟味してみてください。

 

【Event】

COMESANDGOES.

0

 

【Roots】

2017 S/S TEATORA.

6

【COLUMN】

Chambers

20161213-dsc_1540


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog