Top > doo-bop : Fujii

OUTIL&KLASICA Wide Shorts

 

長めのGW、皆さまはどうお過ごしでしたか?

10日間もあると逆に何をしたら良いかわからず、家で過ごされた方も多いのではないでしょうか。

僕は約半年ぶりに地元、石川県へと帰省しました。

5日間滞在した中で、何度か金沢にも足を運びましたが、いずれも知ってる顔と出会います。

行く場所が限られるということもありますが、そのコンパクトさも石川の良さなのかもしれません。

もう散ってしまいましたが、兼六園の夜桜は京都の桜に見劣りしない美しさだと思います。

気温、天候のことを踏まえて、春に行くのが個人的にはお勧めです。

 

さて、GWが明けましたが、個人的にGWを境にショーツとサンダルが解禁されるというイメージです。

様々なブランドからショーツが届いてますので、一部ご紹介させていただきます。

 

img_0972

 

軍物によくみられるワイドに広がったショーツ。

ここ数年はワイドパンツが日の目を見るようになり、

同時にワイドショーツも少しずつ注目を浴びているような気もします。

ただスタイリングが難しく、取り入れにくいといった印象を受けるかもしれません。

ですので、今回はスタイリングベースでお話しします。

キーポイントはトップスの着丈、身幅だと思います。

 

img_0928

Shirt:Lane Forty five/ JACOBIAN – Charcoal Stripe

Bottom:OUTIL /PANTALON CONLIE – Black

 

まずは、OUTILのPANTALON CONLIE。

裾にかけて広がり、丈もやや長め。

ボリュームのあるショーツなので、

それに顔負けしないゆるさを持つトップスを持ってくると上手くバランスが取れます。

今回はLane Forty fiveのJACOBIANを。

着れる季節は限られますが、M65のフィールドパーカー等のスタイリングも格好良いかもしれません。

 

img_0936

Shirt:MOJITO / SLEEPING SHIRTS 1954 – Bar.2.0 – Wht

Bottom:KLASICA /GRAPHITE – Khaki

 

次に、KLASICAのGRAPHITE 。

サルエルパンツのようなデザインに、立体的な太いシルエット。

この癖のあるショーツには、シンプルなトップスで引き算を意識しました。

MOJITOのSLEEPING SHIRTS 1954はシンプルで、リラックスした空気感。

ただ共通して言える、ゆとりのあるバランスは、

この手のショーツでスタイリングを組む際に選んでいただけるのではないでしょうか。

 

足元はNORIEIのDERBY

NORIEIに然り、MOHEDA TOFFELNに然り、

ぽってりした靴との相性は間違いありません。

 

まさに悩んで着る洋服。

天邪鬼なものほど深く好きになれるジャンルだと思います。

 

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【OUTIL】フランスに魅せられて

 

「僕にとってOUTILというブランドは、人と人とを繋ぐツールなんです」

 

今シーズンより取り扱いを始めたブランド『OUTIL』。

古いフランスのワークウェアからインスパイアされたコレクションの数々。

デザイナーである宇多 悠也 氏に、フランスという国の魅力、

そして洋服をつくるときに大切にしていることをお伺いしました。

 

 

 

dscf1666

 

 

 

中島:まずはそうですね、なぜそこまでフランスに魅了されたのか、のめり込んだのか。

フランスのここが面白いからやめられないっていうのがあれば教えていただけますか。

 

 

宇多:フランスの魅力、そうですね。

具体的に「これ」っていうよりは、ぼんやりと好きだなっていう感じですかね。

例えば外国、あるいは日本のどこか地方に行ったとき、

それぞれの場所の空気、雰囲気が自分に合う合わないっていうのがあると思うんです。

なんとなく、「なんか好きだな」、または「違うな」って。

それは例えば、車で移動しているときに見える自然の風景であるとか、

そこで出会った人たちの表情であるとか。

 

僕にとって外国でいうと、アメリカのニューヨークなんかも初めて行ったときには良いなと思ったんです。

当時は若かくて、そこには刺激がたっぷりとあったから。

でも実際に仕事ではなくプライベートで外国に行くタイミングがあったとき、

なぜかいつも自然とフランスを選んでいたんです。

たぶんこの国のなにかに引っかかったんでしょうね。

 

その当時は今と違って、黄色人種というだけで差別を受けるようなこともあったんですけど。

例えばレストランではメニューすら貰えないとかも多々ありましたね。

それでも日本に帰るときには、「また来たいな」って。

 

 

中島:フランスという国の空気がしっくりときたんやね。

それでもうフランス行き始めて何年くらいになるんですか?

 

 

宇多:初めて仕事で行ったのは、自分が22、3歳のときですね。

なので仕事で行くようになってもう15、6年になりますか。

フランスの地方にまで行くようになったのは、買い付けの仕事がきっかけだったんですよ。

ヴィンテージの洋服やアンティークの什器などを探しに、アンティークの家具屋さんと一緒に回っていました。

南フランスにも行くようになり、色んなヴィンテージディーラーに会っては買い付けをしていましたね。

 

そうこうしているうちに、だんだんとヴィンテージの数も減ってきて、

欲しいものが欲しい値段で買えなくなってきたんですよね。

それで僕は元々モノづくりもしていたので、だとしたらこの国でなにか作れないかなと。

まだ生産できる場所が残っているのだから、それをしたいなって。

 

じゃあ実際にそうするにはどうするのが良いかと考えるようになって、

なら工場に行ってみようというところから始まったんです。

結果そこから今に繋がっているのかなと思います。

 

けど難しいですね。

フランスの魅力、全部「空気」とか「雰囲気」っていう曖昧な表現になってしまって。

それでも確かにそれは存在すると感じていて、やめられないなと。

 

 

 

dscf1613

 

 

 

中島:ご自身でもそれが何なのかは、現状まだ模索中という感じですか。

 

 

宇多:そうなんですかね。

ああ、でも明らかに他の国とは違うものって考えると、

「色」っていうのに関しては、感じ方とか出し方は絶対に違いますね。

例えば同じインディゴであっても、アフリカやインドで見るインディゴと、

フランスのインディゴでは青の青味っていうか、明らかに違うなって。

 

これは僕がよく思うことなんですけど、

フランスの南の方で、夏の夜、9時半とか10時にかけて空がだんだんと暗くなってくるんですよね。

そうやって暗くなってきたときに、空の青がどんどんネイビーになっていく、

黒になっていくっていうその中間に、「すごく良い色」みたいなのが存在して。

それが自分の中ではすごく大切で。「ああ、この色だ」っていうのがフッとくるんです。

それをなんとか形にして、人に伝えたいってなったとき、

フランスでやるからこそ上手くいくっていうのはあると思います。

 

 

中島:なるほどなあ、確かにフランス、ヨーロッパの色って独特のものがあるよね。

あ、フランスの服のここが面白いみたいなのもあれば教えてもらっていい?

 

 

宇多:僕が好きなフランスのワークウェアは1940年代以前のもので、

特に30年代と40年代のものに関して、ピンポイントですごく好きなんですよ。

その時代のものには自分が思う「エレガンス」があって、それがフランスの服が好きな理由です。

 

その時代にはモールスキンみたいな厚くて丈夫な生地を、

今見ると正直合ってない方法で縫製しているんですけど、なんかそこが良いよねっていう。

より効果的、効率的な縫製をまだ思いついてなくて、

でもだからこそ無駄なパッカリングとかも生まれずに「綺麗だな」って。

当時の服にはちょっと女性的な部分も感じて、ああ良いなって思えるんですよね。

 

そういうのはその時代のフランスの洋服にだけ感じる魅力で、シルエットとかもそうですし。

例えば丸すぎる襟とかは分量も悪いし、生地の取り分を考えたらコストもかかるんですけど、

でもこれが当時のフランスだなっていう。

そいった凄く小さいところなんですけど、でも当時のフランスだからこそあり得たディティールに強く惹かれるんです。

 

 

 

dscf1692

 

 

 

中島:この春からOUTILの洋服を取り扱わせていただいているんですけど、

宇多さんが作らはるものってなんかこう、中々理解が難しいんですよね、正直言うと。

大体のデザイナーにはここが好き、大事なんやろうなっていう、その人の芯というか指針が見えるんですけど、

宇多さんにはまだぼんやりとしか見えないんですよ。僕自身は。

なので改めてお尋ねしたいんですけど、宇多さんがモノを作るときに1番大事にしているものってなんでしょう。

全てって言ってしまうことも出来るとは思うんですけど、さっきの話聴いた感じやと「色」?

 

 

宇多:そうですね、やっぱり色かな。あとはタッチ、生地の触感ですね。

もちろんパターンとかも大事だとは思うんですけど。

けどなんですかね、それと同じくらい「ふわっと何がしたいのか」を大事にしています。

例えばここ最近では、自分が興味あるもの、何が今いいなと思っているのかと考えたときに、

「左右のバランスが悪いもの」っていうのに惹かれていて、ならそれを表現しようって。

 

 

中島:あ、今回のアシンメトリーのパンツですね。

 

 

宇多:今シーズンだとそうですね。以前のシーズンではシャツやジャケットでも作っています。

その「何がしたいか」を、自分のキャパシティの中でどう表現できるかっていうのが

たぶん最初にポイントになってます。

最初の発想、自分が今興味あるのはそこだっていうのを大切にしていますね。

 

色に関しては、シーズン毎になんとなく自分の中で決まっています。

始めの時点で今回はこの色だなっていうのが1色か2色は絶対決まっていて、

あとはそれに対しての調和というように考えているので。

例えば今シーズンでいうと「ピンク」というものが浮かんで、それに対して周りをどうするのかっていう。

もちろん、それ以外のものは手を抜いているということではないんですけどね。

 

だから順番でいうと、「色」があって、「ふわっとやりたいこと」があって。

それに対して生地をどうするかといった具合ですかね。

 

 

 

1

 

 

 

中島:なるほどね、色と興味があること、やりたいことか。

今回春夏でピックアップしたアシメのパンツに関しては、

本藍と木炭を混ぜてあの色味を出しているんですか?

これどうやって染めてるんやろって思って。

 

 

宇多:あの色はですね、インディゴで1回染めたあと、スミでもう1回染めているんです。

絵具を使ってキャンバスに色を重ねていく様なイメージですね。

水彩画とかで、絵具が混ざりきっていないところのムラが綺麗だなって感じることがあるんですけど、

あの色はその感覚で出していますね。

僕がここだって思うニュアンスの部分、青からグレーに移行する途中の部分が欲しいっていう。

その色はどうやったら作れるのかなっていうのを、職人の方と話し合って試行錯誤するんですけど、

ニュアンス的な問題なので伝わる人とそうでない人がいるんですよね。

人から見たら青、別の人から見たらグレー。でも僕からしたらどちらでもないよっていう。

 

ただ自分にとってこの色だっていうのがきちんと出ていればそれでいいので、

なので表記上は「インディゴ」と「ブラック」ってさせていただいているんですけどね。

どちらも同じ生地で、同じ染めるものを使ってやっているんですけど、配分とか時間で差を出している感じです。

同じものを使ってもこれだけ違うんだっていうのを伝えたいんですよ。

 

 

中島:確かにあのパンツのグレーの中には青味があるわ。

あんな絶妙な色を初めから狙って出しているんか、凄いな。

 

 

宇田:大体の場合はそうですね。

そこが自分にとってとても大切な部分なので。

 

 

中島:あと生地にしてもえげつないの使ったりしてるよね。

次の秋冬でやらせてもらうパンツに使われてるモールスキンとか。

あれは織るにしても縫うにしても、どうしてんのかなっていうレベルやもんね。

 

 

宇多:あれは糸からすべてオリジナルの生地で、

おそらく他社では誰も出来ないと思っています。

 

あの生地の背景としては、やはりフランスのモールスキンになるんですけど、

実はフランスのモールスキンって30年代のものはまだ薄いんですよ。

それが40年代になると厚みが出るんです。でもしなる、嫌な硬さのない柔らかい生地で。

見てもらったパンツの素材っていうのは、まさにその40年代の生地を目指して作ったものなんです。

この生地を作るのに、僕が持っているヴィンテージのジャケットの生地を工場の人に見てもらってたんですけど、

どこに行っても織れないって言うんですよ、ここまで打ち込むことなんて出来ないって。

というのもすごく細い糸を使って、限界を超えた打ち込みをしてあったんですよね。

当時は機械の限界なんて考えていなかったし、またそれを操れる技師がいたので。

 

でも「今」それをやりたいっていう強い想いがあって。

それで諦めずに、本当に色んなところを探し回った結果、形にすることができた生地なんです。

 

 

中島:そこまでの生地やったんか。

やっぱ違うよね、のめり込み方が半端じゃないっていうか。

でもほんとに宇多さんみたいな、そんなデザイナーの人たちとやっていきたいんよね。

本日はありがとうございました、これからもお願いします。

 

 

宇多:こちらこそ、よろしくお願いします。

 

 

 

 

dscf1640

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


フレンチなOUTIL。

ヨーロッパの雰囲気を纏う洋服。

アメリカの洋服とはまた違った凄みがあります。

言葉では表しがたい、この抽象的な“雰囲気”というワードですが、

見ていただいた方には“それ”を感じていただけるはず。

 

先シーズンから取り扱いを始めたKLASICAはその一つ。

ヨーロッパヴィンテージのデッドストックのような空気でありながら、

決してそのオマージュにならないオリジナルの生地、バランス。

デザイナーの考えには到底及ばないけれども、

そういった側面に少しでも触れる事ができたなら、服好きには伝わるはず。

 

OUTIL:PANTALON CUERS

img_0305

 

今回ご紹介するOUTILもまたその類。

デザイナー宇多氏のフレンチ好きがビシビシ伝わってきます。

どれほどのフレンチヴィンテージを見てきてらっしゃるのか。

それでいて、生地の染め方、パターンの取り方は独特なものです。

氏の解釈によるこれらの洋服は否が応でも、“雰囲気”を感じずにはいられません。

 

img_0299

 

素直なスタイリングはこのような感じ。

HAWKWOOD MERCANTILEのアノラック、KLASICAのカバーオール、ジャケットとは言わずとも。

個人的にはそのままの空気感を楽しんで頂きたいです。

足元にはボリュームのある靴を。

パンツの太さに負けない武骨なものでバランスを整えてあげて下さい。

 

img_0310

 

左側にはワンタック、右側にはツータック。

アシンメトリーに配置されたディティールにも注目してみてあげてください。

 

モードやワーク、ヴィンテージにアルチザン。

様々なスタイルでのスタイリングに組み込めそうです。

洋服がさらに好きになる、そんな一本ではないでしょうか。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 


Vol.3850【OUTIL : PANTALON CUERS】

 

良いパンツが届いています。

先日ジャケットを紹介させていただいた新ブランド『OUTIL』から、

アシンメトリーなワイドシルエットが新しい、主役級の1本です。

 

OUTIL : PANTALON CUERS

dsc_9674-1

 

 

一見すると分かりづらいのですが、

フロントは左右で異なるデザインとなっております。

右半分は2タック、対して左半分は1タックのワイドなシルエット。

ボタンフライの重なり部分も斜めになっていたりと、見たことがないようなデザインです。

この違和感のあるディティールにより、記憶に残るパンツに仕上がりました。

 

 

dsc_9713-1

 

 

高密度で織り上げた、ハリ感のあるコットン生地を使用。

さらりとした軽い着心地を味わっていただけます。

実際に穿くと分かるのですが、生地と足の隙間にふわりとした空間が生まれます。

それによって空気の循環が生じ、気温が上がっても蒸れにくくさっぱりと着ていただけます。

 

ナチュラルインディゴと備長炭をブレンドした、ムラ感のあるスミクロの色味も魅力的。

落ち着いた印象ですが重くなり過ぎない、使いやすいカラーです。

また洗濯を繰り返すことで、より雰囲気良く育っていく楽しみも味わえます。

 

トップスにはシンプルにシャツやカットソーを合わせるだけでも、十分に雰囲気のあるスタイルに。

ロングコートと合わせたボリューム感のあるスタイルもおすすめです。

足元にはNORIEIの靴なんていかがでしょうか。

 

 

dsc_9723-2

 

 

穿いてみたいという気持ちにさせてくれるパンツ、お試しください。

 

 

 

【Roots】

PROTOTYPE:Brownie Ⅱ

8

 

 

【Roots】

mando × doo-bop:Exclusive Geometric Sarrouel Pants

1

 

 

【New Arrivals】

ZUNI:ZUNI Tapered Inlay Ring – Multi / 5,184 YEN

OUTIL:MANTEAU UZES – Indigo / 49,680 YEN

OUTIL:PANTALON CUERS – Black / 28,080 YEN

 

 

 


OUTIL VESTE VIC。

新ブランドOUTIL。

 

フランスの古いワークウェアから手がかりを得てつくられた洋服たちは、

フレンチヴィンテージが心から好きと伝わるデザイナーの思いが詰まっています。

 

img_5009

OUTIL VESTE VIC – Indigo

 

ムラ染めモールスキンの美しい佇まい。

新品時から風合い豊かですが、着用を繰り返すともっと良くなるのが、ビシビシ伝わってきます。

この雰囲気、絶品です。

 

img_5008

 

オリジナリティある細かなディティールも実に良いバランスです。

ラフにカットされた襟元は、丁寧につくられているからこそ、

より際立っていると感じます。

 

img_5006

 

フロントの打ち合わせも独特です。

ダブルのジャケットみたいにしていただいても良いですし、

肌寒い今時期ですと、タイトフィットで保温性を高めての着用もオススメです。

想像力を掻き立てる仕様が、しっかりと考えてつくられていることを実感します。

だからこそ着用者の方も『考えて着る』ことの楽しさを味わってください。

 

img_5015

 

お勧めは襟元に軸をおいたスタイリング。

パーカーで高さをつくっていただくのもよろしいかと思います。

タートルネックも良さそうですね。

 

img_5004

 

逆にヘンリーネックで抜いてあげても面白いと思います。

 

世間に溢れていない形状、デザインだからこそ自分にフィットする着方をイメージしてお楽しみください。

ホント惚れ惚れする良い生地ですよ。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。

 

 


Vol.3841【OUTIL:VESTE VIC】

 

昨日は休みだったこともあり、かす汁をつくってみました。

実家に帰るとよく出てくるのですが、こちらでは初めて。

酒かすの種類が違ったため少し違和感がありましたが、美味しくできたと思います。

割と量をつくったので、2~3日はこれとご飯で過ごせそうです。

 

さて、OUTIL(ウティ)というブランドから、フレンチな風を感じるジャケットが届いています。

春にぴったりな鮮やかなブルー。ムラ染めによる味わいある色味が魅力の1着です。

 

OUTIL:VESTE VIC

dsc_8097

 

 

上質なコットンを使用したモールスキン。

しっとりと滑らかな肌触りで、独特のあたりにも期待できる良素材です。

 

フロントにはボタンが2列に配置されており、デザイン的に目を引くポイントに。

また奥側のボタンを使うことで、タイトな着こなしも可能です。

断ち切りで処理された襟元はラフな印象で、

カットソーの上から羽織っていただくだけで様になります。

 

 

dsc_8131

 

 

着丈はやや短め。

インナーをちらりと覗かせてアクセントに。

色物や柄物で遊び心を加えてみてください。

 

 

dsc_8104

 

 

エイジングも楽しみな春ジャケット。

お試しください。

 

 

 

【Roots】

mando × doo-bop:Exclusive Geometric Sarrouel Pants

1

 

 

【Roots】

Alden × doo-bop:5-eye P-Toe ox

2

 

 

【New Arrivals】

 

 

 

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog