Top > doo-bop : Tsukamoto

JOHN SMEDLEY WHITCHURCH 。

こんばんは。

 

先日、免許を更新しにいってまいりました。

受付に足を向けると、センターの方らしいおじさんから

『違反者講習ですか?』

いきなりのお言葉。

 

トラックジャケット、パンツにサングラス。

客観的に見ると違反者ですね。

 

ちゃんと見えるファッションもケースバイケースで必要です。

年齢を重ねていくと、よりそういった場面も多くなるかと思います。

 

img_9311

JOHN SMEDLEY WHITCHURCH – Black

 

JOHN SMEDLEYから定番のカーディガンが到着しました。

価格に頷くことができる、上質な肌触りへの安心感、

スーツ未満のシチュエーションに応えてくれる安定感。

満たす基準値が高い洋服は、現在進行形で納得していただけると思います。

 

img_9317

 

フィットはスリムフィット。

シャープなラインはスタイリッシュ。

素材とデザインの噛み合いかたが絶妙だからこそ、

200年以上ブランドを維持されているのだと、しっかり感じることが出来ます。

 

当店、展開ブランドですと、INCOTEXにJOHN SMEDLEYを合わせていただくと、

ドレッシーに映るかと思いますが、よりカジュアルに、

ラフにお楽しみいただけるスタイリングをお伝えさせていただきます。

 

img_9321

JOHN SMEDLEY WHITCHURCH – Silver

 

上質なアイテムで全身をつつんでも120点にならないのが、

ファッションの面白いところであり、難しいところ。

USEDやリメイク等、朽ちた味のあるアイテムとのスタイリングはいかがでしょうか。

ひとつのコーディネイトでバランスをとっていく感じがカッコ良いと思います。

 

img_9316

 

それはパンツでも同様に。

アウトロー感のあるmandoのパンツと合わせることで、違った魅力が見えてきます。

 

良いものを、いつもと違った味付けにすることで、

鮮度を損なわず、クローゼットで輝き続けるでしょう。

 

doo-bop Shop Blog

金曜日以外更新中です。是非ご覧ください。


Vol.3569 【JOHN SMEDLEY:WHITCHURCH】

 

JOHN SMEDLEYが創業したのは1784年。

日本では江戸時代の後期、西郷隆盛もまだ生まれてはいません。

 

200年以上の歴史を持つニットメーカーがつくる洋服は、

それだけ長く愛され続けているのも納得のクオリティーです。

 

JOHN SMEDLEY:WHITCHURCH

1

 

 

シーアイランドコットンを使用したVネックカーディガン、WHITCHURCH 。

シルクのような肌触りと称される着心地は本当に滑らか。

質の良いコットンは色抜けや劣化もしにくく、長く着ていただける1着です。

 

30ゲージにまで到達する細かい編み目は、品のある表情。

カジュアル使いからビジネスシーンまで、場面を問わず使っていただけます。

 

そして袖は1点1点、職人による手縫いで取り付けられています。

機械では表現できない、手作業だからこその完璧な美しさ。

着用される際は、ぜひ肩回りに注目してみてください。

 

 

dsc_5946

Jacket / Engineered Garments:Bedford Jacket – Memory Polyester – Dk.Navy
Cardigan / JOHN SMEDLEY:WHITCHURCH – Black
Inner / Schiesser:Karl-Heinz Shirt 1/1 button tape – Blue Black
Bottoms / mando:Stripe Easy Sarroue Pants – Navy

 

シンプルなデザインは様々なアイテム、スタイルと組み合わせることができるので、

着用者1人1人の個性が活かされる洋服です。ぜひお試しください。

 

 

【Event】

RICCARDO METHA:2018A/W Order Fair

1

 

 

【Column】

French Air Force Paratrooper Bag

2

 

 

【Roots】

Needles × doo-bop Exclusive Block Plaid Shirt Jacket

1

 

 

【New Arrival】

 

 


JOHN SMEDLEYを選択すること。

こんばんは。

MOJITO Pre-meetingに足をお運びいただきましお客様、誠にありがとうございます。

お客様によっては、MOJITOの魅力に知らず知らずのうちにドップリハマっているご様子です。

数多くのブランドが存在する世の中、ご自身にフィットするアイテム、ブランドが見つかるって、幸せですよね。

 

今夜は、長いお付き合いを約束する1着を。

img_5712

JOHN SMEDLEY WHITCHURCH – SILVER

 

200年以上の歴史を誇るJOHN SMEDLEY。

創業は1784年。日本でいうと江戸時代です。

長く続く、続けるということは、しっかりとした努力が積み重なってだと思います。

 

時代と共にニーズは変るわけですが、ポリシーを守りつつ、信頼を裏切らない。

200年以上その期待に応え続けるって素晴らしいです。

着用時には関係ないかもしれませんが、JOHN SMEDLEYを選択する上では、重要なポイントです。

言葉で綴るより、袖を通した時の着用感が『やっぱり良い』と感じるモノがあります。

ではあらためて魅力のディティールを。

 

img_5717

 

この細かい編み目。

いわゆるハイゲージと言われるニットです。

この編み目と使用したシーアイランドコットンの品質により、最高の肌触りを体感いただけます。

 

img_5715

 

身頃と袖のつなぎ目は、ハンドリンキング。

職人さんの手縫いです。

僕もお修理に携わっていたので、多少は理解しているつもりですが、

ひと目ひと目を、規則的につなぎ、尚且つ力加減も重要です。

きつ過ぎれば締まるし、緩ければ弛む。

熟練の職人さんだからこそ出来る『技術』です。

 

img_5722

 

そういった背景、生産工程を知ることも楽しいですが、そこは洋服、ファッション。

スタイリングで楽しむことも大事です。

合わせたのはmando

カーディガンの着丈がスッキリしているで、パンツのプリーツが美しく活きてきます。

しっかり同色異素材で楽しんでください。

 

img_5727

JOHN SMEDLEY WHITCHURCH – BRUNEL BEIGE

 

柔らかい色目をお求めの方はこちらを。

MOJITOのアイテムとも馴染みが良いと思います。

 

img_5724

 

今の気持ちを反映したスタイルから10年後のスタイルまで見えそうな気がするニットです。

点で終わるのではなく、線になる1着は、日常に少しの贅沢と幸せを分けてくれます。

 

【Roots】

INCOTEX.

brand_20304-1

MOJITO × doo-bop Exclusive ABTHINTH SHIRT Bar.2.0.

2

 

 

 


vol.3272【JOHN SMEDLEYの着心地を是非。】

こんばんは、南出です。

いつも当店Shop Blogをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

 

明日3/17(Fri)は誠に勝手ながら店休日とさせていただき、

翌3/18(Sat)より通常営業をさせていただきます。

尚、オンラインショップでのご注文、並びに返信・発送に関しましても3/18(Sat)よりご対応させていただきます。

皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

そして、3/18(Sat)からの3連休はMOJITO(モヒート)のイベントがスタートです。

初日は13時からの開始となり、最終日3/20(Mon)はデザイナー山下様の店頭立ちとなりますので、

是非お越しくださいね。

 

 

オーダーするしないよりも、まずはコレクション全貌をご覧いただける希少な機会です。

お気軽にお立ち寄りください。

もちろんそこにオーダーをお勧めするのが僕たちの仕事ですが(笑)。

是非お気軽に。

 

 

また、延長開催しておりますWhitehouse Cox Archive collection.もこの3連休まで開催していますので、

どうぞお立ち寄りください。

 

 

それでは、本日のご紹介に。

dsc_3073-2 dsc_3211-7

JOHN SMEDLEY : WHITCHURCH – BRUNEL BEIGE

JOHN SMEDLEY : WHITCHURCH – SILVER

イギリスの生んだ名品として間違いなく後世にも語られるであろう、JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)

doo-bop内でも着実にファンを増やし、中には集められている方もいらっしゃいます。

お取り扱い当初は1~2型をつまむ程度のオーダーでしたが、徐々に皆様にご紹介できる数が増え、

僕たちとしても嬉しい限りです。

 

 

基本的に、春夏はシーアイランドコットン。

秋冬はメリノウールにて、季節毎の拘りぬいた素材で、コレクションが発表されます。

 

 

 

 

dsc_3136-5

本日ご紹介のモデル、WHITCHURCH(ウィッチチャーチ)は、シーアイランドコットンを使用したモデルです。

着心地、発色共に他を寄せ付けない滑らかさ。

シルクのような肌触りと称される着心地は本当に癖になります。

質の良いコットンは、色抜けや、劣化もしにくく、長く着ていただける1着に。

実際に色抜け、アタリが出やすいBlackやNavyも10年近く着用しております。

 

 

 

 

dsc_3122-4

そして、袖付けは1点1点、熟練した職人による手縫いで。

一切のムラが無く、納められた綺麗な袖付け。

手縫いにより行う事で、徐々に体に馴染む感覚を体感していただけます。

 

 

 

南出(174cm 64kg サイズM)

dsc_3067-1

tops : JOHN SMEDLEY : WHITCHURCH – BRUNEL BEIGE

inner : MOJITO : doo-bop Exclusive ABSHINTH SHIRT Bar.2.0

bottoms : AURALEE : SELVEDGE WEATHER CLOTH EASY PANTS

shoes : HEINRICH DINKELACKER : 4706 0544 Tassel Loafers – Wien Calf

 

 

手島(180cm 65kg サイズL)

dsc_3188-6

tops : JOHN SMEDLEY : WHITCHURCH – SILVER

inner : SAINT JAMES : OUESSANT

bottoms : TEATORA : Wallet Pants FULL FLAT

shoes : Hender Scheme : slouchy

accessory : Hopi Bundled Pendant Middle Size

素材と、縫製を追求したシンプルなデザインは、ジャンルを問わず、

様々なアイテム、スタイルと合わせていただけるのもJOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)の魅力です。

 

 

ご家庭でのお洗濯も可能なコットン製。

dsc_3224-8

coat : Engineered Garments : 41 Duster – Nyco Twill

今の季節は、春のコート、ジャケットの中に忍ばせてはいかがでしょうか。

当店のお勧めはボタンを止めずに重ね着を。

クラシックなブランドこそ、ラフに着ていただくところがミソだと思います。

安定感のあるSILVER袖を通すと意外としっくりくるBRUNEL BEIGE

レイヤードスタイルにも映える、淡いトーンの中間色をセレクトしています。どうぞ春を感じながら合わせてみてください。

 

 

 

 

dsc_3090-3

個人的には、オープンカラーシャツとのスタイリングが非常にお勧めです。

台襟のない開襟特有の襟元と、カーディガンのVゾーンが上品ながらもラフな襟元を演出してくれます。

 

どうぞMOJITOのABSHINTH SHIRTとのコーディネートをお試しください。

 

それでは、本日もありがとうございました。

週末3連休のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

【Event】

Whitehouse Cox Archive collection. 3/11(Sat)~3/20(Mon)

dsc_7295-1

 

MOJITO 2017 A/W Pre-Meeting. 3/18(Sat)~3/20(Mon)

1

【Roots】

INCOTEX.

brand_20304-1

MOJITO × doo-bop Exclusive ABTHINTH SHIRT Bar.2.0.

2

 

 

【New Arrival】

AMIACALVA : washed canvas 6Pockets TOTE – SizeM White / 12,960 YEN

dsc_2539-3

 

AMIACALVA : washed canvas 6Pockets TOTE – SizeM Black / 12,960 YEN

dsc_2575-1-03

 

 


アーカイブ

doo-bop Ameba Blog