スマートフォンサイトへ

Brand > guepard

photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

Brand

ギュパール
guepard

Model

ジーピー07 - ブラック / クリア
gp07 - Black / Clear

Price
29,700 YEN (税込 TAX IN )
270 Point Back
Color
Black/Clear
Fabric
Acetate
Product
Japan

ジーピー07 / gp07
パントゥと呼ばれる丸みあるシェイプが特長です。
厚みあるフレームと手触りの良いテンプルがフレンチヴィンテージ感じる仕上がりに。
歴史を超えた美しい佇まいをお楽しみください。

〇素材
アセテートを使用。
美しい色出し、温もり感じる質感が特長です。
当時マルチコートの技術がなくレンズ表面が反射していた為、
再現されたフラットレンズを採用。
裏面のみマルチコートのフラットレンズを使用し、
フレンチヴィンテージの歴史を知らないと表現出来ない要素です。

〇ディティール
フレンチヴィンテージの高いデザイン性や本質を理解し、敬意を払い表現されたプロダクトです。
ディテールワークはオリジナルと遜色ないレベルにまで忠実に再現。
ノーズパッドはアジア人でも馴染みやすいよう、高めに設定され、
ヴィンテージ同様に、フレームと共生地を使用し仕上げられております。
(大量生産品で無い証でもあります)
1940年代のフレームを彷彿させるデザイン、フロント3点鋲、テンプル2点鋲とさり気なく見る角度で変わる表情と8mm生地の厚みが魅力的です。
眼鏡の特産地、鯖江の熟練の職人により丁寧に作り上げられています。


ギュパール / guepard
1920年代、禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていたことがあり、英語の「cheetah」をフランス語の「guepard」で置き換え表現されています。
現代の「ヴィンテージ風」デザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められています。

1940〜50年代、クオリティの高さで世界を大きくリードしていた、フレームフランス(フランス製ヴィンテージフレーム)。
その専門店である神戸のヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』山村氏と、札幌のヴィンテージ眼鏡店『Fre'quence』柳原氏によるアイウェアコレクションです。
貴重なデッドストック眼鏡の一つ一つを、小さなネジに至るまで分解して撮り下ろし、フレンチヴィンテージの持つ、輝きを失わないデサインやディテールを元に、手掛けられています。
様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズし、より現代的に、多くの方が、フレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクションされています。
1940年代のフレームを彷彿させるデザインです。
眼鏡の特産地、鯖江の熟練の職人により丁寧に作り上げられています。

Stock

Size Color Stock
  Black/Clear × 売り切れ

売り切れのため、注文できません。

サイズの目安
この商品を問い合わせる
Paypal
Postage of this item is Rank
A

ご来店のお客様へ

オンラインショッピングに掲載している商品はお取り置きが可能です。
取置き期間は一週間です。(申込日を含む)
取置きされた後、ご連絡が無い状態で一週間を過ぎるとキャンセル扱いとなりますのでご注意下さい。
ご希望のお客様は下記お問い合わせまたはTEL(077-562-4121)にて、ご希望の商品(サイズ・カラー等も)及びご来店予定日をお知らせ下さい。